医師当直バイト探しランキング<当直のバイトをお探しの医師の方へ>

医師当直バイト探しは大手の医師求人情報サイトを使おう!

「医師当直バイト探しランキング」のご訪問ありがとうございます。医師の当直バイトは、探し方によっては同じような仕事内容や拘束時間でも給料が2倍近く違うことなどはザラにあります。当直バイト探しはしっかりと情報比較して高待遇の求人案件を見分けましょう。

当サイトでは医師当直バイト探しサイトの人気ランキングを掲載していますがリクルートドクターズキャリアが安定した人気です。全国の医師へのアルバイトの紹介実績があり保有する求人案件数も業界随一です。利用料は全て無料ですのでお気軽にご登録下さい。

医師当直求人サイトランキング!このサイトが最新人気No.1!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
リクルートドクターズキャリアは医師の求人・非常勤募集情報が業界トップクラスです!
全国の医師へのアルバイトの紹介実績を持ち、バイト探しの‘ワガママ’に応えます!
● 高収入・当直ナシ・週2日だけなど勤務条件の細かな相談・リクエストにも応えます。
● WEBから登録するだけで非公開求人・新着情報・好条件&レア求人を無料で紹介します。
● リクルートドクターズキャリアはプライバシーマークを取得し、個人情報の管理を厳守。
● 会員登録すると紹介される特別非公開求人には人気案件や好待遇案件が豊富にあります。
● 求人案件紹介をはじめキャリアアドバイザーのサポートは全て無料!費用は発生しません。
● リクルートドクターズキャリアは人材紹介業大手‘リクルート’運営サイトなので安心!


>>>公式申し込みページへ進む

医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
医師バイトドットコムは東証一部上場の株式会社メディウェルが運営する医師向けサイト。
● 「無理なく働きやすい」非常勤医師の適職探しをキャリアアドバイザーが無料サポート。
常時10,000件(非公開求人4,000件)の求人数を保有し、好条件の求人数が違います。
● 医師バイトドットコムのスムーズ対応でアルバイト採用までスピーディー!効率的です。
「内視鏡求人」「救急なし」「病棟管理」「高収入」など理想のバイト探しが叶います。
● 公開求人数は業界トップクラスを誇り厳選した情報、役立つ情報を公開・提供しています。
● 家庭との両立、収入確保、キャリアUPなどライフスタイルに合わせて選べる求人が豊富。
60秒の簡単登録をするだけで医師向けのアルバイト紹介サービスを無料で利用できます。


>>>公式申し込みページへ進む

MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
MCドクターズネットは医師求人・定期非常勤・スポット求人など医師の転職応援サイト
● 質の高い豊富な求人と日本最大級の拠点ネットワークがMCドクターズネットの強みです。
● 日本全国に拠点を展開しネットワークを活かした全国規模・地域密着型サービスを提供!
● キャリアコンサルタントが転職ノウハウをご指南し幅広い視野の適職探しを可能にします。
● 専任キャリアコンサルタントが一人一人のニーズに対応、マンツーマンでサポートします。
● MCドクターズネットが面接設定・条件交渉を代行することで効率的な求人探しを実現
● 充実したWEBからは勤務条件を細かく絞り込み、公開求人を検索・情報収集が可能です。
MCドクターズネットは職業紹介事業を展開するメディカル・コンシェルジュ運営サイト。


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは大手リクルート運営のリクルートドクターズキャリアがランク1位です。
※当直バイトの保有数が多い医師バイトドットコムも人気です。


医師の当直の仕事の現状は?当直は稼げるバイトなのか?

病気を抱える人はいつ容態が急変し具合が悪くなるか予測することができません。また人の生命の誕生や最期の時間においても、 周囲がコントロールできることではありません。そのため特に入院患者さんがいる病院ではその機能特性上、24時間体制で患者さんの病態管理や継続的な医療サービスを提供していかなければなりません。 また病院は、医師法第19条により医師は正当な事由がなければ診察・治療要求を拒んではならない応召義務により病院に来院した患者さんを拒むことはできません。 そのため病院には必ず医師が常駐しています。そこで必要になるのが医師の当直という仕事です。

法律上、当直という勤務は夜間や休日などにおいて待機・緊急時のサポート要員として勤務することを目的とし、当直中は緊急性がない限り休憩したり、 仮眠をとることも認められています。しかし医師の当直の実際は、仮眠どころか休憩をする暇もなく日中同等に働かざるを得ないという状態が少なくありません。 特に救急指定を受けている病院や、夜間の救急外来を設けている医療機関の場合、救急搬送される患者さんや夜間に来院する患者さんの対応に追われて結局、当直中に一睡もできず翌日の勤務に入る医師が大半です。

医師にとって当直がシビアなのは長い勤務時間かもしれません。当直は法律上、軽度の業務を前提としているため、 当直明けの翌日は通常勤務になります。医師の多くは日勤の医師が夜に残って当直を行い、継続して次の日の勤務まで就業しますが、 休憩もないような当直の場合には日勤、当直、翌日の日勤、と合計で30時間以上、ひどい時には丸2日間まともな休みなく連続的に働いていることになります。 ただ待遇としてはしっかりと探せば結構高額なものも多く時期やエリアにもよるのですが通常勤務の2倍以上の給料のものもあります。

上記の待遇の話は本当に探し方によります。安いものだと15,000〜20,000円/回というのもあります。ほぼ通常時間どおり、もしくはそれ以上働いているにも関わらず、日々の日給(年収1,200万円とした場合、日給50,000円)よりも手当が下回る実情に納得がいくことはないでしょう。 精神的・肉体的にハードな労働が長時間にわたることにより睡眠不足や過度な疲労がある医師の仕事なので給与面は絶対に高待遇であるべきだと思います。 リクルートドクターズキャリアなどで無料で全国のバイトが見れますのでまず探してみて下さい。


>>当直のバイトの最新情報はコチラからほとんどチェックできます!<<

医師当直は忙しい?

医師当直は、基本的に病棟の入院患者への対応と夜間の緊急外来が主な業務となります。2人もしくは3人体制であることが多く、若い研修医をファーストコールにして病棟外来と救急外来のどちらかを担当させる病院もあれば、どちらかに固定させる病院もあります。医師の当直は、当直明けの翌日も通常勤務というケースが多いです。開業しない限りは月に2回以上はあり、病院によっては週3回当直のある週があるなど、慣れない医師にとっては疲れを溜めこんでしまうことがあります。

当直が忙しいかどうかは、その病院によってまったく違います。病院によっては24時間体制で当直医もいるため、いつでも病院に相談に来ていいと宣伝しているようなところもあり、当直時間帯にも普通に患者がやってくる場合もあります。また二次救急や三次救急であっても周囲に他の入院施設のある大きな病院がないときには、いつどんな患者がやって来るか分からないということもあります。外来がひっきりなしにやってきて、手術の必要な重症の患者が重なり、まったく休みの取れない当直の夜となる場合もあります。救急車が来るのを事前に医師に知らせないという病院も、なかにはあります。そういったときには医師が席を外していたり、食事を摂っていたりするときに呼吸の止まっている患者が担ぎ込まれることもあります。こういった病院では、心休まることがなく、忙しいという感覚になるでしょう。

医師の当直は基本的に、院内待機で勤務帯という扱いではありません。そのため、朝から勤務してそのまま夜は当直となり、さらに翌朝からは通常の勤務となることがあります。当直の待機時間には、仕事の残りを片付ける時間としているケースが多くあります。研修医にとっては勉強の時間に充てているようです。待機時間であるため、仕事以外のことをしていても構わないとされていますが、いわゆる軟禁状態であるため、できることは限られます。DVDを観たり、テレビを観たり、また読書やインターネットをしたりして、仮眠をとるというのが一般的な過ごし方です。

救急病院では、立て続けに救急車がやってきて、当直の日は休めないし眠れないのが当たり前になっていることが多くあり、ともすれば食事もトイレも行けないくらいに忙しくなる場合があります。そのため、食べるタイミングを失ってしまうことがあります。病院側から食事は各自で、と言われている場合には若い研修医などが飲まず食わずで朝まで働き続けてしまうことがあります。食事時間を確保するなり、当直前に腹ごしらえをしておくのが当直では大切です。

当直に転職する場合のポイント

医療法第16条では、入院設備を持つ医療機関では医師が必ず当直をしなければならないことを規定しています。病院はその機能特性上、24時間体制で入院している患者さんの病態を管理し継続的な医療を提供し続けなければなりません。また例え診察時間外であったとしても病院に来院した患者さんを拒むことは応召義務(医師法第19条に医師は正当な事由がなければ診察・治療要求を拒んではならないと規定)よりできないことが認識されています。そのため夜間や休日の勤務は否めず、そのための当直勤務も必要不可欠です。

しかしながら医師の当直というものは、労働基準法に則した「軽度の業務」とは程遠く、夜間に来院する患者さんが多い病院の当直では、勤務中一睡もできずに翌日の勤務に入らなければならない医師が少なくありません。少しの仮眠と休憩で当直明けに手術を行う医師もいます。 当直は法律上、法定労働時間外の勤務となるため原則として当直明けの翌日は通常勤務となり、勤務医の多くは、日勤の医師が夜まで残って当直を行い、継続して次の日の勤務まで就業します。日勤、当直、翌日の日勤、と合計すると30時間以上も連続的に働いていることになります。

こうした過酷な労働を強いられる当直は医師にとって精神的・肉体的負担が大きく、医師が仕事を辞めたい理由のひとつとなるほどです。そうした背景から当直専門の需要があり、他方では‘当直ナシ’の求人も多く見られます。給与や勤務条件は各医療機関で異なりますが、勤務時間は夕方5時から翌朝8時の時間帯で、給与は平日当直で約5〜60,000円/回、休日の当直では100,000円前後/回という案件が多くあります。勤務医が勤務先の病院で当直をする場合、平均当直手当は約15,000〜20,000円/回であることを考えると、他の病院で非常勤の当直医を勤めた方が給与率は高いことになります。

 ‘当直ナシ’を希望する人も当直医として働きたい人も、職場を探す際には入職前に当直に関して事前確認をすることが肝要です。当直がないことを条件に入職したのに結果的には当直シフトに入ってしまっている…、仕事の忙しさや賃金体系が面接時と違い過ぎる…、など勤務先とのトラブルは良くあることです。長らく医局制度のもとで転勤や異動をしてきた医師にとって自力の転職や職場探しはまだ不慣れな点が多いはず。それ以上に仕事を探す時間も限られます。 当直条件がいい職場・勤務先を探す際には、医師の転職を専門にサポート&支援を行うサイトを賢く活用しましょう。好条件の求人が効率的に見つかるだけでなく、サポート体制も充実しています。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 医師当直バイト探しランキング<当直のバイトをお探しの医師の方へ> All Rights Reserved.