外科の医師当直

外科の医師当直

外科医とは手術によってケガや病気の治療を目指す臨床医学を専門とする医師です。外科医は手術という特別な医療を行い、手術は外科医の能力が最も発揮されるところです。高く特別な技能と精神力をかけた仕事が多いため、ガン・脳卒中・心筋梗塞など外科的治療を必要とする患者さんが増える一方で、その治療ができる外科医を目指す医師は減っています。医療の高度化や医療技術の進歩により臓器移植や心臓血管系など複雑かつ長時間に及ぶ手術、全身麻酔を必要とする手術が増加の一途を辿っているのに対し、外科医は20年前から一貫して減り続け、このままでいくと手術を受けられずに亡くなる人が増加し、現に手術の待ち時間が長くなっているのです。

 外科医の当直では、手術した患者さんの急変や病態管理・経過観察など管理当直をはじめ、患者さんの容態変化によっては緊急オペや深夜に開腹手術をすることもあります。救急病院の指定を受けていたり、ER設備を持つ病院の場合には夜間でも交通事故や不測の大ケガで患者さんが緊急搬送されて来院してくることなどは毎日のようにあるため、外科医の当直は大きな意義と必要性があります。当然そのような場合には、医師の本分として人命救助・治療が優先され、当直中に結局は一睡もできなかった…、ほんのわずかなインターバルで翌日の勤務に当たらなければならない…ということはよくあるケースです。

 ここで問題になってくることは、当直という勤務に就きながらも常勤の医師同様の業務をこなしている点と、当直は法定労働時間外の勤務となるため、原則として当直明けの翌日は通常勤務になり、勤務医の多くは、日勤の医師が夜に当直を行い、継続して次の日の勤務まで就業します。日勤、当直、翌日の日勤で勤務すると合計30時間以上も連続的に働いていることになります。

さらにある調査では、睡眠や休憩もままならない当直明けに手術を行う外科医が何と7割にも達していることが明らかになりました。調査で当直明けに手術をしないとする外科医は全体のごくわずかに過ぎず、20〜40代の外科医では約9割が当直明けに手術をしています。過酷な労働環境の実態が浮彫りになるとともに、医療の質の低下、医療ミスなど安全性の問題、医療訴訟への発展、治療の選択肢がせばまり、結果的に患者さんに影響を及ぼしかねないリスクがあります。  病院によっては当直勤務と手術に対応する外科医を分け、当直明けの手術がないよう配慮している所もあるようですが、外科医不足が医療の将来に大きな影響を与えることは間違いないでしょう。

医師当直求人サイトランキング!このサイトが最新人気No.1!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは大手リクルート運営のリクルートドクターズキャリアがランク1位です。
※当直バイトの保有数が多い医師バイトドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 医師当直バイト探しランキング<当直のバイトをお探しの医師の方へ> All Rights Reserved.