医師当直と仮眠

医師当直と仮眠

医師の当直では、勤務医が行うことが多く、当番制になっているケースがほとんどです。なかには当直専門のアルバイト医師を雇うこともありますが、ほぼそこの病院の勤務医がその日の昼間に勤務して、そのまま夜まで残って当直業務を行っています。入院施設を持っている病院で医師の交代制を採っている病院の数は圧倒的に少なく、ほとんどの病院が日勤から宿直、そして翌朝の勤務を継続して行うというケースが常態化しています。そのため、当直勤務はハードなものになってしまいがちで、若い研修医には身体に不調をきたすものが少なくない現状があります。

当直で重要なのは、いかにうまく仮眠の時間を確保するかと言われています。当直では仕事の空き時間に仮眠を取るようにします。特に夜の9時から12時くらいの間に短時間でも仮眠を取れるかどうかは翌朝の体調に大きく影響します。病院の仕事は夜の8時から9時くらいに人が入れ替わります。この時間帯には急患が少ないとも言われており、ここで仮眠を取る医師が多くいます。寝るにはいい時間帯です。救急患者が来るのは夜12時を過ぎてからが多く、そこから朝までずっと救急車がノンストップでやってくるというケースも多く、それまでに仮眠を取っておかないと翌朝まで一睡もできないことになってしまいます。朝から通常の勤務が始まります。眠らないまま翌日の勤務をこなすのは相当ハードです。

近年では、厚生労働省によって当直医に対しても充分な睡眠時間の確保が必須と通達されていますが、実際の医療現場では、なかなか仮眠を取れないという現状もあります。椅子やデスクで寝なければならないのか、それとも仮眠ベッドやソファが使えるのかなどは当直の医師にとっては重要なことです。照明が消せないことや、騒音がうるさいこともありますし、仮眠を取るにも目立ってはいけないなど、医師それぞれに悩みを抱えている現状があります。

最近は、当直医師のための仮眠グッズも販売されています。椅子やデスクでしか眠れない医師向けに、寝顔を見られないように頭全体を隠してデスクに突っ伏して寝るための枕です。デスクで眠るために、袋のような形をしています。袋に顔を入れて、そのままデスクで仮眠を取るためのものです。騒音を防ぎながら、呼び鈴やアラーム音を聞き逃さないための耳栓などもあります。こうした努力をしながら、当直をこなしているのが日本の当直医の現状と言えるでしょう。

医師当直求人サイトランキング!このサイトが最新人気No.1!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは大手リクルート運営のリクルートドクターズキャリアがランク1位です。
※当直バイトの保有数が多い医師バイトドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 医師当直バイト探しランキング<当直のバイトをお探しの医師の方へ> All Rights Reserved.