医師当直の給料

医師当直の給料

平成22年度の統計データのよると医師年収の平均は月収約88万円、年収1,200万円。一般病院の勤務医の場合、年齢40歳で月収は約100万円、医科長や診療部長などの役職クラスになると年齢45歳で月収が120万円、副医院長140万円、医院長150万円ぐらいが平均的な年収相場です。開業医の月収は約250〜300万円と言われていますが、開業資金として最低1億円を要し、病院経営を軌道に乗せてこの年収額を得る頃には60歳に達していることを考えると勤務医と大差はないかもしれません。 また小児科・産婦人科・麻酔科・手術を行う外科の医師は絶対数が足りていないことから、年収は高額になる傾向です。さらに日本の場合、医師年収に地域差があるのが特徴です。医師不足が深刻な北海道・東北地方をはじめ、過疎化が進む地域、僻地・離島などは数千万単位で年収額が変動し、破格のオファーを提示してくる医療機関もあります。

 医師には一般サラリーマンのような定年というものがなく、勤務先が認めていれば他の医療機関と掛け持ちやバイトなどをすることができます。その手段のひとつが‘当直’です。 病院特性や医療に従事する職務上、医師は昼夜を問わず患者さんの生命と向き合うことが必要とされる職業です。夜間や休日の勤務は否めず、そのための当直勤務も必要不可欠です。ただ医師の当直というものは、労働基準法に則した「軽度の業務」とは程遠く、夜間に来院する患者さんが多い病院の当直では勤務中に一睡もできずに翌日の勤務に入る医師が少なくありません。 当直は法定労働時間外の勤務となるため、原則として当直明けの翌日は通常勤務になり、勤務医の多くは、日勤の医師が夜まで残って当直を行い、継続して次の日の勤務まで就業します。日勤、当直、翌日の日勤で勤務すると合計30時間以上も連続的に働いていることになります。

こうした過酷な労働を強いられる当直は医師にとって精神的・肉体的負担が大きく、医師が仕事を辞めたい理由のひとつとなるほどです。そうした背景から当直専門の仕事・需要があります。募集科目や条件とする臨床経験は各病院異なりますが、当直給与は平日の当直で約5〜60,000円/回、休日の当直では100,000円前後/回という案件が多くあります。勤務医が勤務先の病院で当直をする場合、平均当直手当は約15,000〜20,000円/回であることを考えると、他の病院で非常勤の当直医を勤めた方が給与率は高いことになります。  医師当直のバイトや非常勤当直医の募集は医師転職のサポートサイトなどで効率的に探すことができます!

医師当直求人サイトランキング!このサイトが最新人気No.1!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは大手リクルート運営のリクルートドクターズキャリアがランク1位です。
※当直バイトの保有数が多い医師バイトドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 医師当直バイト探しランキング<当直のバイトをお探しの医師の方へ> All Rights Reserved.