内科の医師当直

内科の医師当直

内科医は内臓機能の疾患に対して薬物療法などの治療を行う臨床医学を専門とする医師です。全身のことをくまなく知り尽くすことが必要とされる内科医は定義付が難しい面もありますが、昨今は医療の高度・複雑化や専門性の追求、分業化の流れから、内科医も循環器系、消化器系、呼吸器系、内分泌系、神経系、血液疾患系、泌尿器系、アレルギー疾患など内臓機能ごとに専門・特化する分野が細分化されてきています。 内科医の仕事に目を向けると、内科医の仕事は患者さんの症状や健康上の訴えから病気の診断をし、検査や処方を行う「外来業務」、病院に入院している患者さんを診察し、点滴、薬の処方、説明などを行う「病棟業務」があります。また内科の中で専門性を活かし、内視鏡検査、エコー検査、透視検査、脳波検査、負荷心電図など、病気を診断するために行う「検査業務」、そしてカテーテル治療、腎臓疾患治療のための人工透析、組織診断のための生理検査など治療や検査のための「処置業務」があります。

 当直中の内科医は、救急で来院する患者さんの診察、具合・調子が悪い入院患者さんへの診察処置対応が主な仕事になります。夜間時の急患というと交通事故で大ケガをした人が緊急搬送された…とか、妊婦さんが急に産気付いて今にも赤ちゃんが生まれそう…、など緊急逼迫度の高い外科や産科のイメージがあります。しかしながら全身の体調不全・健康上の不具合全面に答えなければならない内科医も、労働基準法が規定する「軽度の業務」「待機・緊急時のサポート要員」の当直とは程遠いようです。 当直は夕方4〜5時ぐらいから翌朝の7〜8時ぐらいまでが勤務となるため、勤務時間は15時間ほどあり、当直時間を睡眠や休憩に当てることもできます。しかし患者さんは連続して集中的に来てくれるわけでもなく、自分の都合の良い時間ばかりに緊急入院や急患の搬送があるわけではありません。いつ何が起こるかわからない状態の中、ある程度の緊張とスタンバイがなければ不測の事態に迅速かつ適切に判断・対応することができない部分もあります。

 本当に具合が悪く、苦しい思いをして緊急的に病院に来る患者さんがほとんどではありますが、中には‘夜の方がすいているから’と夜間の救急外来へ子どもを連れてくる親御さんや、‘痛くないが頭をぶつけたので念のために検査を’と深夜の救急外来を利用する人、‘夜だと待たずにすむ’と何度昼間の受診を促しても夜間にくる常習者など、いわゆるモンスターペイシェント的な患者さんたちが当直医を疲弊させ、医療崩壊の一因となっている部分もあるようです。

医師当直求人サイトランキング!このサイトが最新人気No.1!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは大手リクルート運営のリクルートドクターズキャリアがランク1位です。
※当直バイトの保有数が多い医師バイトドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 医師当直バイト探しランキング<当直のバイトをお探しの医師の方へ> All Rights Reserved.