大阪の医師当直

大阪の医師当直

大阪は日本経済を支える第二の都市として比較的人口世代が若く人口が多いエリアです。人口動向にともなって病院施設も多いため、医師には職業選択の幅が広い地域と言えるでしょう。 医師不足や医師の過重労働が社会問題化する昨今ではありますが、全国的に医師数は西高東低と言われ、西日本に医師は多い傾向にあります。大阪の人口当たりの医師数は250.5人と全国平均の206.3人を大きく上回っています。その他の都道府県では医師数が多いのは京都府が279.2 人と最も多く、次いで徳島県277.6 人、東京都277.4 人、医師数が少ないのは埼玉県が139.9 人と最も少なく、次いで茨城県153.7 人、千葉県161.0 人となっています。医師数の西高東低傾向や地域間における格差は、専門医療機関数の地域差や、大学医学部数に相関関係があると言われています。

大阪は全国的に見ると交通事故発生件数が非常に高い都道府県というわけではありません。しかし人口密度の高さから発生件数・死亡者数・負傷者数の絶対数が多く地域です。平成22年の統計では年間の交通事故発生件数は50,000件以上、死亡者数200人以上、負傷者数は60,000人を超えます。こうした社会的傾向があるためか、一般内科・産婦人科の当直に加え、大阪の医師当直は救急救命やERでの当直勤務募集が目立ちます。

 当直とは本来「待機・緊急時のサポート要員」「電話対応などの軽度の業務」に従事する労働基準監督署より許可を受けた特別な勤務体制です。しかしながら医師の当直とはそれに違わず、特に救急指定病院やER施設の病院機能を持つ医療機関など、夜間に来院する患者さんが多い病院は不眠不休で患者さんの対応に追われ当直中に一睡もできないというケースが少なくありません。大阪の人口当たりの医師数が全国平均を上回るとしても、高度・複雑化を増す医療、特に救急救命の分野では医師がいくらいても足りません。また睡眠不足、休憩の有無に関わらず当直明け翌日は通常勤務に入らなければなりません。大阪の地域性、医師当直の特性を考えると、大阪の医師当直はかなりハードな労働環境がうかがえます。

 しかしながら勤務条件、待遇、病院のポリシーによって医師が働きやすい環境、医療の安全を確保しつつ医療人として責務を真っ当できる職場が必ずあります。効率よく好条件の求人を探す際には医師の転職や適職探しをサポートするサイトをよくチェック、活用しましょう!医局制度が縮小傾向にある今、医師の方々にとっては自由に職場・仕事・キャリアを選択できる時代がきています。

医師当直求人サイトランキング!このサイトが最新人気No.1!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは大手リクルート運営のリクルートドクターズキャリアがランク1位です。
※当直バイトの保有数が多い医師バイトドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 医師当直バイト探しランキング<当直のバイトをお探しの医師の方へ> All Rights Reserved.