医師当直と確定申告

医師当直と確定申告

最近は年収アップのために、医師でも常勤とは別にアルバイト勤務をする医師が増えています。当直医を募集している病院などで当直した場合、平日当直で約5〜6万円、休日当直になると約10万円程度になり、かなり割の良いアルバイトになります。医師としてのスキルアップのためや、将来開業医として働くために資金を蓄えるために当直をする医師もいます。しかし、医師であっても給料を2カ所以上の病院などから受け取っている場合、アルバイトの種類や目的などに関わらず確定申告をする必要があります。

通常働いている病院や医療施設だけからの給料で生活している場合は、確定申告はする必要がありません。病院が税金などを差し引いた後に、給料を受け取ることになります。しかし複数の病院で働くならば、自分で正しい納税額をおさめるため給料明細などから必要書類を作成、申告し、差額を納税しなければいけません。覚えておきたいのは、アルバイト収入が給与か、それとも報酬、謝礼金などとして受け取っているかということです。給与として支給されているならば、常勤の病院の給与と合わせて申告することになります。しかし報酬や謝礼金として支給されているならば、それに伴う経費などを差し引いた金額を申告することになります。もし忘れていた場合、故意に確定申告を行わないなら脱税となり違法行為になります。

近年、当直などのアルバイトをしている医師の脱税が非常に多くなり、一つの社会問題とされています。もし脱税が明らかになると、未納分は勿論ですが、追徴課税や延滞税などが加算され、さらに支払わなければいけなくなります。また未納期間が長期間に及んだ場合は、その期間の利子が計算された金額の支払いが義務付けられます。

確定申告は毎年2月16日から3月15までに申告することが決められています。忙しい医師の生活を考えると、うっかり忘れてしまうことや、申告書の作成が後回しになってしまい期限内に提出することができないということも少なくないようです。確定申告に必要な種々の書類を自分で簡単に作成できるパソコンソフトなどを使う医師も最近は多いようです。中には求人、転職でお世話になったコンサルタント会社に相談している医師もいます。

確定申告は必ずしも、さらに税金を支払わなければいけないということではありません。確定申告をすることで過剰に支払っていた税金が払い戻されたということもあります。それで、当直医としてアルバイト勤務している医師はしっかりと確定申告することが大切です。

医師当直求人サイトランキング!このサイトが最新人気No.1!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは大手リクルート運営のリクルートドクターズキャリアがランク1位です。
※当直バイトの保有数が多い医師バイトドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 医師当直バイト探しランキング<当直のバイトをお探しの医師の方へ> All Rights Reserved.