当直に転職する場合のポイント

当直に転職する場合のポイント

医療法第16条では、入院設備を持つ医療機関では医師が必ず当直をしなければならないことを規定しています。病院はその機能特性上、24時間体制で入院している患者さんの病態を管理し継続的な医療を提供し続けなければなりません。また例え診察時間外であったとしても病院に来院した患者さんを拒むことは応召義務(医師法第19条に医師は正当な事由がなければ診察・治療要求を拒んではならないと規定)よりできないことが認識されています。そのため夜間や休日の勤務は否めず、そのための当直勤務も必要不可欠です。

しかしながら医師の当直というものは、労働基準法に則した「軽度の業務」とは程遠く、夜間に来院する患者さんが多い病院の当直では、勤務中一睡もできずに翌日の勤務に入らなければならない医師が少なくありません。少しの仮眠と休憩で当直明けに手術を行う医師もいます。 当直は法律上、法定労働時間外の勤務となるため原則として当直明けの翌日は通常勤務となり、勤務医の多くは、日勤の医師が夜まで残って当直を行い、継続して次の日の勤務まで就業します。日勤、当直、翌日の日勤、と合計すると30時間以上も連続的に働いていることになります。

こうした過酷な労働を強いられる当直は医師にとって精神的・肉体的負担が大きく、医師が仕事を辞めたい理由のひとつとなるほどです。そうした背景から当直専門の需要があり、他方では‘当直ナシ’の求人も多く見られます。給与や勤務条件は各医療機関で異なりますが、勤務時間は夕方5時から翌朝8時の時間帯で、給与は平日当直で約5〜60,000円/回、休日の当直では100,000円前後/回という案件が多くあります。勤務医が勤務先の病院で当直をする場合、平均当直手当は約15,000〜20,000円/回であることを考えると、他の病院で非常勤の当直医を勤めた方が給与率は高いことになります。

 ‘当直ナシ’を希望する人も当直医として働きたい人も、職場を探す際には入職前に当直に関して事前確認をすることが肝要です。当直がないことを条件に入職したのに結果的には当直シフトに入ってしまっている…、仕事の忙しさや賃金体系が面接時と違い過ぎる…、など勤務先とのトラブルは良くあることです。長らく医局制度のもとで転勤や異動をしてきた医師にとって自力の転職や職場探しはまだ不慣れな点が多いはず。それ以上に仕事を探す時間も限られます。 当直条件がいい職場・勤務先を探す際には、医師の転職を専門にサポート&支援を行うサイトを賢く活用しましょう。好条件の求人が効率的に見つかるだけでなく、サポート体制も充実しています。

医師当直求人サイトランキング!このサイトが最新人気No.1!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは大手リクルート運営のリクルートドクターズキャリアがランク1位です。
※当直バイトの保有数が多い医師バイトドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 医師当直バイト探しランキング<当直のバイトをお探しの医師の方へ> All Rights Reserved.