当直とは

当直とは

当直とは法律的に夜間帯に勤務する宿直のことをいい、労働基準監督署に特別に届け出た上で許可される勤務体制です。一般的には交代勤務性やシフト体制を導入し、24時間継続的なサービス提供や運営が必要とされる病院・工場・店舗などで勤務に当たり、賃金体系や労働時間などの条件に関しては労働基準法によって規定されています。 当直は基本的には待機・緊急時のサポート要員として勤務することが主な目的であるため、本来であるならば、当直の勤務に当たる者は監視などの軽度の仕事のみで、場合によっては仮眠をとることもあってしかるべき勤務です。

日本の医療法制では入院設備施設を持つ病院では、夜間・祝休日を問わず必ず医師が宿直をしなければならない規定(医療法第16条)があり、医師が病院や診療所の診療時間外(休日や夜間)に勤務して宿直に当たっています。しかしながら医師の場合、多くは入院・外来患者の両方に対応しており、実務上、当直の本分である待機・仮眠の時間などはないに等しく、通常勤務と変わらない労働を強いられているのが現状のようです。

当直の場合には法律上、業務は「当直は待機・緊急時のサポート要員」としていることもあり、原則として次の日が日勤勤務になります。多くの場合、日勤勤務の医師が夜に残って当直を行い原則に則って次の日の日勤勤務まで継続的に勤務することになります。医師の当直勤務が待機番で仮眠を取ることが可能であるならば、まだこの長時間勤務を全うする気力や集中力をうかがうことができますが、当直と言っても不眠不休で患者さんの対応や業務に従事し、その状態で翌日の日勤勤務をこなすケースが少なくありません。

こうした当直の賃金体系は、当直の勤務時間は通常の勤務時間にカウントせず、日当の3分の1が当直手当として支給することが労働基準法によって規定されています。当直の本分と夜勤勤務はその業務内容・目的の違いから賃金的な違いがあるのは当然のことですが、夜勤勤務と同じ業務を強いられている場合には労働基準法に違反している可能性もあります。 また当直はその翌日が通常勤務となり労働が長時間にわたるため、睡眠不足や過度な疲労が集中力や判断力の低下に影響することも考えられます。ミスや間違いの許されない医療の現場では特に集中力や判断力を欠いた状態は、ヒヤリ・ハットや医療事故を引き起すリスクが高まります。当直明けは自分の健康状態や体調をしっかりと把握・認識し、業務に支障がないよう努めることが大切です。

医師当直求人サイトランキング!このサイトが最新人気No.1!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは大手リクルート運営のリクルートドクターズキャリアがランク1位です。
※当直バイトの保有数が多い医師バイトドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 医師当直バイト探しランキング<当直のバイトをお探しの医師の方へ> All Rights Reserved.