当直と夜勤の違い

当直と夜勤の違い

当直と夜勤、どちらも夜間帯に働く勤務体系を指し、24時間継続的なサービスの提供や昼夜を問わず運営が必要とされる病院・工場・店舗・消防・鉄道などで必要とされる勤務です。当直と夜勤は同じような時間帯に働くとはいえ、業務内容や業務の目的とするところに違いがあり、労働基準法上の規定も異なります。

 まず夜勤とは夜から始業し次の日の朝まで勤務することで、基本的には昼間の勤務と変わりなく休憩時間を除けば全て実働時間と見なされます。法律的には法定労働時間内の勤務ということになり、法定労働時間であるため、原則1日8時間、1週40時間の中で夜間帯に勤務します。賃金的には標準的な日当に夜勤手当が付き、22時〜5時の勤務分は深夜割増し手当として2割5分支払われます。  一方、当直とは夜間時に‘待機・緊急時のサポート要員として勤務’することを主な目的とし、当直勤務に当たる者の本分は監視などの軽度の仕事のみで、場合によっては仮眠をとることもあります。法律的には法定労働時間外の勤務になります。この法定労働時間外が意味するところは、原則1日8時間、1週40時間以外に当直として業務を行わせることが可能であるということです。そのため原則として当直明けの翌日は通常の日勤勤務になり、病院に勤務する医師においては日勤勤務の後に当直を行い、原則に則って次の日の日勤勤務まで勤務が継続します。

 こうした労働時間の違いに加えて当直と夜勤では賃金体系が異なります。夜勤では勤務につき夜勤手当が支給されるのに対し、当直では労働基準法の時間外、深夜・休日の割増賃金等に関する規定は適用されないため、割増賃金の支払はありません。しかしながら当直は夜間帯に勤務する特殊な勤務体系であることから、雇用主が労働者に当直を行わせるには労働基準監督署に特別に届け出た上で許可を受ける必要があります。

 労働基準法において当直(宿直)とは、「当外事業場に宿泊して行う定時的巡視、緊急の文書又は電話の収受、非常事態の発生に対処するための準備などを目的とする勤務」と規定されています。許可を受けるには当直内容が次の条件を満たしていることが必要です。@常態として、ほとんど労働をする必要のない勤務であること A通常の労働の継続でないこと B相当の睡眠設備が設置されていること C宿直手当が支払われていること D宿直が1週間に1回以内であること  しかしながら医師の当直はこうした条件内容とは程遠く夜間に医師が一睡もできずに勤務し、医師の過重労働・過労死、医療事故の一因と問題視されています。

医師当直求人サイトランキング!このサイトが最新人気No.1!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは大手リクルート運営のリクルートドクターズキャリアがランク1位です。
※当直バイトの保有数が多い医師バイトドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 医師当直バイト探しランキング<当直のバイトをお探しの医師の方へ> All Rights Reserved.